2010年02月02日

<元社長遺体>栃木の井戸に遺棄、男2人を逮捕へ(毎日新聞)

 鹿児島県屋久島町の元会社社長、藤山幸彦さん(当時73歳)が栃木県内の古井戸から遺体で見つかった事件で、鹿児島、栃木両県警の捜査本部は「遺体を捨てた」と供述した宇都宮市の男(47)=東京拘置所で拘置中=ら2人を27日にも死体遺棄容疑で逮捕する。

 2人のうち、神奈川県の男は40代で、昨年11月、鹿児島県警が行方不明の藤山さんを連れ去ったとして、逮捕監禁容疑で逮捕。鹿児島地検が「拘置の要件を満たさない」として釈放していた。捜査関係者によると、2人の逮捕容疑は、昨年6月ごろ、藤山さんの遺体を栃木県鹿沼市の古井戸に捨てた、とされる。

 これまでの調べでは、宇都宮市の男の供述に基づき、今月14日に鹿沼市の廃校跡の井戸を捜索。底からキャスター付きの旅行用カバンに入れられた藤山さんの遺体を発見した。手を縛られ、カバンにはセメントが流し込まれていたという。司法解剖したが死因は特定されていない。

 宇都宮市の男は、任意の事情聴取に対し「2人で暴行し、藤山さんを連れ去った。車のトランクに入れ、島外に連れ出し、気づいたら死んでいた」と供述しているという。

 藤山さんはタクシー会社の元社長。昨年5月末、2人組の男と会った後、行方が分からなくなっていた。【黒澤敬太郎、川島紘一】

【関連ニュース】
屋久島元社長不明:栃木の古井戸に遺体 指紋で身元確認
男性不明:古井戸の底から遺体 栃木の小学校跡地
男性不明:「埋めた」供述の場所捜索 鹿児島・栃木県警
屋久島元社長失踪:「栃木に埋めた」別事件の男供述
鹿児島・屋久島の会社社長行方不明:旅行かばんに遺体、不明男性か 栃木県警など捜索

亀井金融相「神戸の少年ではないが純ちゃんは郵政を切り刻んだ」(産経新聞)
千葉大生殺害 ATM男、DNA型一致 遺体ストッキングに付着(産経新聞)
筒井寛秀師、死去 東大寺の元別当(産経新聞)
清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)
<公設秘書>兼職禁止、95人が抵触…公明党の富田議員指摘(毎日新聞)
posted by キクチハラ カズアキ at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。